葉酸のサプリメントの必要量

栄養素の中でビタミンB群に属するもののひとつに、最近サプリメントで注目されている葉酸があります。栄養機能食品として厚生労働省に認められています。200μgが、厚生労働省が定める一日の葉酸の摂取目安量になります。妊娠を望む期間や妊娠中は 400μgを必要な摂取量として設定しています。葉酸を摂取する場合に、胎児の神経系障害のリスクを低減させるためには、妊娠が分かってからではなく、少なくとも妊娠1ヶ月前からがおすすめです。サプリメントに頼らなくても、三度三度の食事をきちんととっていれば葉酸を食品から必要量とることは決して難しいことではありません。なかなか食事をきちんととることができないという場合には、サプリメントを活用したほうが良いでしょう。欧米では、妊娠に関係なく将来妊娠をする可能性がある女性たちも、日頃から葉酸を摂取することが推奨されているようです。日本では一般より多めに取ることが推奨されているのは、妊婦と授乳期です。妊娠を望んでいる方も、日頃から意識してサプリメントを利用して葉酸の摂取を心がけたほうがよいでしょう。体にとりすぎはよくないといえます。手軽に服用できる分、サプリメントは過剰摂取にならないように気を付けましょう。葉酸の摂取量が1日1000μgを超えないよう気をつけてサプリメントを摂取しましょう。http://www.persiandatanetwork.com/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.